防火帯を滑る(2)

よしよし!
やっとこ着いた!
時間を見ると午後2時・・
本来なら下山しているだろう時間・・
お腹は空き過ぎて簡単なものしか入らない
「生どら」に紅茶で取りあえずお腹を誤魔化す

12-1-20-4.jpg

まるでゲレンデのようなコース
何日か前の足跡が微かに残っているが
スキーの跡はなし!

滑りだしは緩やかな斜面
メチャ楽し!
後半最後は下が見えない程の急斜面
「ここは潔く板を外そう」とヘタッピ同士は即!意見の一致をみる
板をお尻に引いて
滑る~~

あっと言う間に滑り下りると
雪を被った沢を渡ることになる
ここ結構危険地帯!要注意!

12-1-20-5.jpg

沢を渡ると再び例の「ノルウェイの森」に突入
「はいはい分かってます
   ノルウェイの森でしょ!」とか言いながら
朝、通った道を再度歩き出発地点へ・・

無事下山して
駐車場に帰る道すがら振り返ると
防火帯がくっきり見えた

12-1-20-6.jpg

色々あったけれど
楽しかったんだわねぇ・・と
わが心に問うてみる・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ


おいしいもの

月別アーカイブ

MONTHLY

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
Instagram
Instagram