寒い日には「あんかけうどん」

関西では
寒い日に食べる「おうどん」は「あんかけ」
片栗粉や葛粉でトロミがついたお出汁に
薬味はきっぱり土生姜のおろしのみ!

京都市美術館の表通りから筋一本入った「権太呂」

12-11-11-1.jpg

おひとり様なので遠慮気味に中へ入ると
一席空いた座敷席へと通された
「かもなんば」か「あんかけ」か・・・
「うどん」か「そば」か迷って「どっちが美味しい?」とたずねると
「おそばが美味しいです」と言う返事
じゃ~品書きには御膳で載ってる「湯葉あんかけ」を単品で!
朱塗りの大ぶりな器の蓋を開けると・・

12-11-11-2.jpg

全体を覆い尽くす大きな湯葉
お出汁はもちろん
とろ~~り「黄金の一汁」
天井には「おろした土生姜」がたっぷり!
湯葉をめくってみると
その下には蒲鉾・シイタケ・かしわが・・・
  (具が入っていたので ちょっとびっくり!
         まぁ 豪華と言えば豪華だけれど・・)

餡なので
最後まであっちっち
その上、生姜で
ぽっかぽか
寒い日には
やっぱ「あんかけ」に限りますなぁ~~

昔は風邪を引いたら「うどんや」へ
「うどんや」で風邪薬が売られていたそうな「うどんや風一夜薬」
と言う話を
落語で聞いたような・・

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
三月うさぎを追いかけて・・
ハートの女王を探す道

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
QRコード
QR