スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生捨てたもんじゃない(ウミガメ観察)

暗い海岸で待機してから一時間以上・・
カメとの距離は50m程だけど
暗くてなぁ~んにも識別できない
「もう温泉は諦めた・・
  ここまできたら
   最後まで見届ける!」と覚悟していたら
やっと現場の無線から
「産卵が始まりました!
  どうぞ近くへ来て下さい」との連絡が入った

11-6-19-1.jpg

11-6-19-2.jpg

産卵の時間は、そんなに掛かっていなかったように思うが
その間に個体認識標をカメに付けたり
卵の穴に、目印の表示プレートを滑り込ませたり
研究員さん達は忙しく動きまわる

11-6-19-3.jpg

産卵後に後ろ足で
ひとかき、ひとかき砂を集めて穴を埋め
周辺の砂をはね飛ばす作業には
結構、時間がかかった

それでも一連の作業が終わると
ゆっくり
ゆっくり
休みながら
暗い海の方向へ
迷わず向かって行く
降海って後で調べると
ホントは付いて行っちゃ~いけなかったのね・・
思わず一緒に歩いてしまい
波打ち際まで見送ってしまった・・

文字や言葉で
どう表したらいいのか分らないけれど
こんな気持ちになるなんて・・
人生捨てたもんじゃないのね!って言うのが
この夜の正直な気分

ホテルに帰ったのが
午前一時
今度はこの子達(卵)が孵化する頃に
また来るぞ~~

(写真は研究員さんの赤外線カメラの画像を
              コピーしてもらいました)

スポンサーサイト

アカウミガメの観察(2)

11-6-19-4.jpg

詰所前では
産卵場所に付ける目印のプレートの準備
それを見ながら
研究員の方とウミガメについての話しをしていると
パトロールから無線が入った!
「只今ウミガメが上陸しました」
午後9時40分

「ぅわ!
  いきなり!
 これって凄いラッキー!」
と興奮するものの
これで帰れなくなった・・と思う内心・・

浜は自然のまま
当然、光源もない
「真っ暗に目を慣らすために
  一旦、浜に下りましょう」と言われ
暗闇の中浜に下りる
月明かりと遠くの船の明かりがあるが、視界が効かない

☆注意事項
 ①浜ではライトを照らさないこと
 ②大きな声をたてないこと
 ③フラッシュ・ストロボ撮影禁止
 ④産卵をするまで近寄らないこと
等々
観察に関しては色々注意事項がある

暗い浜で待っていると
10分おきくらいに無線連絡が来る
「今、砂を掘り始めました」
話しによると
産卵開始から終了までは個体差があって
早ければ3~40分程でさっさと帰るカメもいるそうだが・・
「どうやらこの子はスロ~タイプのようです」と無線から聞こえる
腕時計の針はもうすぐ午後10時30分

海からの風が冷たく感じ
「ぁぁぁ・・この調子やと
   何時間かかるやら・・・
  ホテルの温泉へは入り損ねる気配がしてきたわ」

アカウミガメの観察(1)

正直
そんな積もりではなかった・・
白浜へ行く前日
宿泊地ホテルの周辺で
「何かおもしろいものはナイかなぁ~」と検索していて
行きあたった!と言うのが本当のところ・・
「ウミガメの観察だって!
   行ってみようか・・?」って言う程度の意識レベルだった

しかし、観光用の観察会ではないので
事前に
町の教育委員会教育学習課に許可申請をする(ウミガメ観察には許可申請が必要です)
日時
人数
観察目的等々を記入してメールで送付
申請の観察許可が下りたらOK!と言う手順は
観察に行ってみようと言うからには踏んでいた

夕食→ミニコンサート→ウミガメ観察へと
走り回って、待ち合わせ指定地へ行く途中
車の中ではこんな相談をゴソゴソと・・
「どうせ行っても見られるかどうか分らんし・・
   ホテルの門限もあることやし・・ 
  30分くらいで帰ろうか・・」
「30分はまずいやろ!
   少なくても一時間は我慢して待機せなアカンやろ・・」
今に思えば
なんと不謹慎な・・

11-6-19-5.jpg

現地には調査の為、ウミガメ協議会研究班の方が
詰所に寝泊まりして
午後9時から明け方まで、浜を毎晩パトロールしている
ウミガメが上陸したら無線で連絡が入り
観察が可能な場合は調査員が案内して下さる

待ち合わせ場所の詰所には
我々不謹慎動機の二人と
広島から、この為に来たと言う男性が一人・・

バタバタな休日

梅雨の晴れ間のお出かけ日より
白浜へパンダに会いに行く前日は
「魚三昧」のご飯が食べた~~い

ホテル内のレストランではなく外に食べに出かけた

11-6-18-1.jpg

おっとは何がなんでも「お刺身」
生魚が苦手な私は「太刀魚の煮付け」
その他色々と
残念だけれどノン・アルコールのビールで我慢!
一番のお気に入りは「イワシ」
卓上の火鉢での焼きもの
「硬い干物」かな?と思っていたら
半生干しで軟らかくてメチャメチャ美味しかった

11-6-18-2.jpg

食事が済んだら
早くホテルに帰ってコンサートに行かなきゃ
と、バタバタ!



食後のコーヒーを飲みながらのミニ・コンサートに
うっとり・・・
マッタリばかり、してられません!
これが終わったら
申請していた「海亀」の観察へ出かけなきゃ

またドタバタ!

わん!わん!イルカ

ビッグオーシャンでイルカのライブが終わったら
大きなプールにカヤックを浮かべて乗りこみます
カヤックは三隻
ご褒美にあげる餌のホッケの切り身を積んで
まさに貸し切りでイルカとふれ合えます
が・・・

漕ぎだした途端

11-6-16-1.jpg

「エサちょ~だい!」と、イルカがやって来ました
握手したら「ハイ!おりこうさん!」でホッケをクチに放り込みます
「エサもっとちょ~だい!」とクルクル回って見せてくれます
「ハイ!もう充分でしょ!
  あっちへ行きなさい!」と言っても分る筈もなく・・
「いっぱい、いっぱいエサちょ~だい!」

11-6-16-2.jpg

「こら~~
  エサあげるから
   カヤックを押すな~~」と言う具合にふれ合って・・・

握手したらエサ!
クルクルしたらエサ!
笑い声を出したらエサ!
そんなふうに教えられているのだから
そうだわねぇ~~
お仕舞いには
わん!わん!って吠えるのでは・・?
イルカ?
もしかして
犬?
って気分になったりして・・・

11-6-16-3.jpg

でも
よく遊んでくれました
二重丸!


プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
三月うさぎを追いかけて・・
ハートの女王を探す道

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。