スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拾いもの・残りもの

11-5-31-1.jpg

うさぎ神社に向かった日
膳所(ぜぜ)にあるチャイニーズダイニング「イエローマジック」でランチをとった
うん!
おいしくて
お安くて
これはイイ拾いものをした 

次の日
長浜でのお昼は
本音を言うと「鯖そうめん」が食べたかったのだが
「青い魚は苦手」と言う友人の言葉に
結局「蕎麦」になったのだ・・

「そば八」と同じ茂美志屋グループの「翼果楼」
四国にも「鯛そうめん」ってのがあって
これも大変大変⇒魚好きの私の大好物!

11-5-31-2.jpg

びわ湖と言えば「鮒ずし」だが
若狭と京都を結ぶ鯖街道の影響か
周辺には「鯖ずし」のお店も多い

11-5-31-3.jpg

今度くるときには
絶対食べるぞ「鯖そうめん」って・・
膳所での拾いものと
長浜での心残りものの話し・・
いつも食べ物の話しが多くて・・

スポンサーサイト

そばかりんとう

あれ!あれ!
長浜に来たら
絶対に私が買うもの!
「茂美志屋」の「そばかりんとう」

一般に「かりんとう」と言ったら
(小麦粉を砂糖・水・イーストや、食塩、重曹などと共に練り合わせ、
棒状に成形してつくった生地を植物油で揚げ
黒砂糖や白砂糖でつくった蜜でからめて乾燥させた駄菓子の一種)と言うことで・・

「茂美志屋」の「そばかりんとう」は
「そば」そのまま揚げたものに砂糖がかけてある
購入した袋の裏には「そばかりんとう(揚げそば)」と表記してあって
ポリポリ・ポキポキ
軽い食感で止まらなくなる

土産もの屋には置いていないし
これが欲しければ
どうしても長浜に行かねば手に入らない
私にとっては貴重品

11-5-29-1.jpg

茂美志屋グループの蕎麦屋「そば八」で食事をすると
お茶受けに小皿に乗って出てきます
他には大手門通りの出店等で販売されている

11-5-29-2.jpg

「かりんとう」欲しさと言う訳ではないけれど
お昼ご飯は「そば八」で
色々乗っかった「十六文そば」を頂きました

11-5-29-3.jpg

ガラスの街

11-5-29-4.jpg

外壁が黒い(黒漆喰)から黒壁
一泊した翌日は
久しぶりの黒壁スクエアへと出かけた

11-5-29-5.jpg

当然「ガラス!」
いろんな色の
いろんな形の
食器からアクセサリーまで、種々様々なガラス製品が並んでいる
以前から欲しかった「ビールグラス」は
他で買っちゃったしな・・・で
結局見るだけに・・

11-5-29-6.jpg

作品作りの工房を眺めたり
来れば必ず寄るオルゴール堂で遊んだり
うろうろしているだけでも楽しめる街

そうそう!
せっかく長浜に来たんだから
「あれ! あれ!
  私の好きな
 あれを買って帰らなきゃ 

うさぎ神社(三尾神社)

11-5-28-1.jpg

全国には「うさぎ神社」は数か所ある
京都にも存在するが
由緒の古い「うさぎ神社」へ行きたいと言う友人のリクエストで
滋賀県の「三尾神社」へ
還暦のお参りに行ってきた

初めて行くには
三井寺へと向かう途中(?)
横っちょ(?)
と言う程の
うっかりすると見落としてしまいそうな場所に建っている

11-5-28-2.jpg

神紋は「真向きのうさぎ」
起源は古く伊邪那岐命(イザナギノミコト)の時代
らしい・・・
境内の至るところには「うさぎ」の印が

11-5-28-3.jpg


11-5-28-4.jpg


11-5-28-5.jpg

お参り後
かわいい「うさぎおみくじ」を引くと
「吉」!
まぁ
程ほどってことネ?と解釈して
この日の宿泊地長浜へ向かう

Happy Basday!な日

11-5-22-1.jpg

ナビ入力完了!
自分の誕生日ケーキを買う為に
探して
やってきましたケーキ店リゴロデセール
って・・・
ここは広島

なんでも「シブースト」と言うケーキが美味しいらしい
タルトにフレッシュフルーツ
その上にはふんわりメレンゲにパリッとカラメルのケーキ
想像しただけでヨダレが出そう~

11-5-22-2.jpg

ショーケースを覘いて気がついた
姪っ子のところのチビ君はアレルギー・・・
「メレンゲだめやん!」

普通のイチゴのバースディケーキを購入してチビの元へ・・

夕食後
ケーキにロウソクを立てて火を点す
隣にはチビ君が目を爛々と光らせて・・
せぇ~のぉ~で
「コラ!
  吹き消すんじゃない!
  これはおばちゃんの誕生日ケーキや 」

11-5-22-3.jpg

安土城跡トレッキング

11-5-8-1.jpg

見上げる石段
「ゲッ!
  これ登るの・・・」
お勉強の後はホンマもんの見学へ

11-5-8-2.jpg

安土城天主まで四百五段
杖も準備されている
もちろん拝借して・・・

11-5-8-3.jpg

「ほんまやったら今頃は・・
  湖を眺めながらの優雅なお茶のひと時www・・・」
ブチブチつぶやきながら
エッチラ・オッチラ
まるでトレッキング!
ここで登山するとは思わなんだwww・・・

11-5-8-4.jpg

登りついた最上の天主の礎石の数がスゴイ!
この上に地上六階地下一階の天主がそびえていたのか・・
下界を見下ろす君主の気分は
やはり「神」か・・
四百年前とは景色も変わっただろうが
今日は我々が「神」の気分に・・・

11-5-8-5.jpg

当時は着物で、ここまで登ってきた?と思えば
やっぱスゴイね~
TVでは姫君達も天主にいる画面があったけれど
それ
ホントかな??
だって
下りの石段もこの有り様
下ると言うよりも
落ちて行くって程の急こう配・・
足はガクガクで膝だって笑ってしまう

11-5-8-6.jpg

「今度はクラブハリエにランチしに行こうな」って・・
おっとの言う事は信用できん・・
ほんまかいなwww

信長の館でお勉強

11-5-7-1.jpg

この建物の中に
原寸大で復元された安土城天主がある

11-5-7-2.jpg

天主五階は宇宙空間を表す八角形の空間に
金箔の壁に朱塗りの床と
絢爛豪華で煌びやかな世界が広がる
NHKの大河を毎週欠かさず見ているものにとっては
「ふむふむ
  これがそ~なんや~~」と歓心しきり!

11-5-7-3.jpg


11-5-7-4.jpg

わずか三年で焼失した安土城
なんでも
世界で初めての木造高層建築(高さ46m)であったとか・・

「さぁ
  お勉強もした事やし・・
  午後のティータイムに甘いものなんぞ・・」との考えは
甘かった・・
「ここまで来たら
  やっぱ本物を見に行かな!
  城跡まで行ってみよ~う」
って
アナタ・・
私は優雅なランチを狙って来たのに・・・

風に吹かれに

11-5-7-5.jpg

連休の谷間の金曜日
「今日なら少しは混雑もマシやろう~」と言うことで
いつもの琵琶湖へドライブに・・

道路は空き空きで快適
近江八幡休暇村の湖岸も芝生も
人少なし!
向かい側には沖島も手に取るように見えて
「これならお弁当もって来たらよかった~」とも思ったが・・

11-5-7-6.jpg

私には
他に目的地があった
彦根の先「クラブハリエ」でランチを・・
テラスで
も一度、風に吹かれてお茶なんぞを・・と
内緒で
内心は考えていた・・

「とにかく彦根方向へ走って、お昼にしよ」
何食わぬ顔で助手席から声をかける

が!であった

車を走らせていると
「安土城跡」と言う標識がおっとの目に入ってしまった・・
「アッ! あそこ行きたい!」
だろ!
きっとそう言うだろうと思った・・
まぁランチは今度でもイイけどぉ
付き合ってあげるけどぉ

11-5-7-7.jpg

安土城考古学博物館へ・・

優雅なランチは
しばし
歴史のお勉強となりまして・・

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
三月うさぎを追いかけて・・
ハートの女王を探す道

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。