スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瑠璃の島(鳩間島)へ

数年前にTVで放送されたドラマ「瑠璃の島」
そのモデルが鳩間島(私はそのドラマは見ていないけど・・)
以前
西表島に行ったときから
横っちょにある「小さな島」が気にかかっていた

10-7-10-1.jpg

周囲 3.9km
人口 43人
島での移動手段は
徒歩・・・

10-7-10-2.jpg

船から降りた観光客は皆
汗ダクで歩く・・・
しかし炎天下のもとで
シュノーケルのセットにライフジャケット
ご丁寧にシャワー用の「水」まで持って
歩けるかい!練と
レンタル自転車を探した

10-7-10-3.jpg

小さな小さな集落は
網の目のように道が入り組んでいる
あっちウロウロ・ここじゃないわユーターン!
舗装されているのは港の周辺のみ!
ガタガタ・ゴトゴト・オットットの道を自転車で進む

10-7-10-4.jpg

そしたら
やっぱり
ありました!
誰もいない「天国の海」が囹

10-7-10-5.jpg

マンタ・シュノーケル

10-7-9-1.jpg


10-7-9-2.jpg

波照間を諦めた翌朝
ダイビングショップのボートで「幻の島」と言われる浜島へ・・
昨夜
計画の練り直しを始めて
夜遅く
10時過ぎてから対応してくれたショップが
ここ「石垣ブルーダイブ」

ボートシュノーケルは初めての我々
「こんな深い海の上に
  浮かんでいるなんて・・・」ドキドキ・うきうき!

10-7-9-3.jpg


10-7-9-4.jpg

ポイントを何ヶ所か変え
昼は竹富島に上陸
ここで用意された昼ご飯を頂く
休憩後
いよいよマンタ・ポイントへと移動!

マンタが集まるポイント近くには
ダイビングショップのボートも集まっている
シュノーケルの我々は海面上からのウォッチング
ダイバーも海中で
マンタの行動を妨げないように
離れて岩につかまりオトナシク見学

10-7-9-5.jpg


10-7-9-6.jpg

海に入って
目を凝らす暇もなく
いきなりマンタと遭遇!
「うわ~デカイ!」
ゆっくり
ゆっくりと
泳ぐマンタと
周りではダイバー達の細かいバブルが
青い海の中を立ち上って
幻想的と言うか
これはまるで宇宙遊泳

そりゃないよ!

「明日の一便は出港しますか?」
期待いっぱいで波照間海運の窓口で尋ねると
「今日も欠航したし・・
  明日朝、窓口に来てから尋ねて下さい!」との事
予約は受け付けません!っておっしゃる!

こんな光景が二日も続くとは
誰が予想していたか・・・

10-7-8-1.jpg

日本最南端の波照間島に行くには
安栄観光か波照間海運の船しかない
安栄観光の船は12名乗り
生憎、機材の整備で運休中(ロタの二の舞・・)
波照間海運が頼みの綱なのに・・・

「天気は関係ありません!
  外洋に出るので風と波です!」って
わかっちゃいるけどさぁ~~
「行きは出港しても
 帰りの船がでるかは保証できません!」
窓口に詰めかけた観光客は
皆、思案顔でごそごそ相談する・・・

強行突破するか・・・
いっそ方向転換するか・・・
ここに来てまで
こんな決断を迫られるとは・・

到着ぶらぶら

10-7-8-2.jpg

台湾までは
ほんの、すぐそこ!
ここ石垣からは
香港やフィリピンが
大阪からよりも近い距離!

10-7-8-3.jpg

明日の波照間島への船便を確かめに
離島ターミナルへ向かうが
ターミナルは新しくなり
4年前に来た時から
すっかり様変わりしている

34度

10-7-5-1.jpg

もう
メチャクチャ暑い!
少し歩くと汗が噴き出る
今日の石垣島は34度!?
殺人的な暑さです

お決まり!

10-7-5-1.jpg

那覇到着!
ご飯の後は
お決まりの
ブルーシールの「さとうきびアイス」

やっぱり美味し~い
沖縄到着の味!
これから石垣島へ…

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
三月うさぎを追いかけて・・
ハートの女王を探す道

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。