スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

護摩堂山で返り討ちに遭う

9-2-28-1.jpg

天気予報は大当たり!
昼からドンドン青空が広がり ピーカンになる!
帰りは護摩堂山の斜面の林を滑る
たのしい~! たのしい~!
急な斜面では
「誰も見てないから・・お尻滑り~~」(私)
「こっちは お姉さん滑り~~」(おっと)
還暦を迎えたおじさんとおばさんが
二人してバカな遊びで はしゃぎながらドンドン下る

「ェ! コース合ってるか?」
いつも気が付くのが
お・そ・い・・・んです・・・

無意識に緩い斜面ばかり滑っていて
気が付けば「ここはどこ!?
尾根から自然に谷の方に滑りこんでいた

9-2-28-2.jpg

前に道なし・・・
後ろにも引き返せない・・・
ここはもう 護摩堂山斜面じゃない・・・

9-2-28-3.jpg

もう板なんて履いてられない
スキー板は両手に持って
ストックは引きずって
最早 半分パニック!
雪を踏みぬき
耳を澄ませば サラサラ足の下から水の音が・・・
これ チョ~やばい!んですけど!

慌てて近くの尾根に上がり 偵察に行くおっと
「下の方に林道が見える」と言う事は
下って行けば何とかなる
で やっぱし
突き当たったのは堰堤
「最後の難関やから 気を付けて・・・落ちるなよ!」
そんな事言われても・・・
私は既に さっきからの不安と緊張で
胃が痛くなっている

9-2-28-4.jpg

無事 林道に着地した時には
もう 心も身体もへろへろ
なのに
「去年登れなかった護摩堂山にはリベンジできたし
 ぁぁ~おもしろかった~」って?
リベンジ?
私にはこれは
返り討ちにあったような・・・

スポンサーサイト

護摩堂山

9-2-28-5.jpg

2月に入って気温は高く 雨がよく降った
そのせいで「おいの水谷」周辺には雪はなく
去年途中まで登った「谷トンネル」からの出発となった

林道には積雪あり
この固さならスキー板を履くよりも「つぼ足」の方が速い!と板をリュックに担いで歩く
1時間
まだ快調!
2時間過ぎ
「つぼ足」が疲れてきた・・・
締まっていた雪も軟らかくなり
足がズボッと深く入るようになる
「まだ 遠~~い・・??」

9-2-28-6.jpg

おっとはここらで板を履くが
こっちは疲れもピークで
なぁ~~んにもする気力が湧かない・・・
ただ黙々と「つぼ足」歩行・・・
「いい加減 板着ければ! 履いた方がラクやで!」と叱られ
やっと朦朧とした気分から正気に戻り 板を着ける
都合3時間
最後の急な斜面を上れば・・・
「見えた!見えた!やっと見えた!」

9-2-28-7.jpg

護摩堂山頂上の反射板と
その向こうには
たっぷりの雪をまとった「白山」がくっきり!
「ここでゆっくり昼休憩しよう! 後は滑って帰るだけや」とおっと
ここまで「つぼ足」で3時間半
私は疲れすぎて 紅茶とワップルの昼食
どこへ行っても 相変わらずの食欲のおっと・・・

9-2-28-8.jpg

後は滑って降りるだけ・・・の筈が・・・
また やってしまった・・・

大山スケッチ

☆「山岳ヘリ」だろうか
山の稜線付近を
何度も何度も低空飛行していた
「何かあったのかな? それとも偵察飛行?」

9-2-1-1.jpg

☆雪のない時の姿は知らないけれど・・・
いつも頭に チョコンと雪帽子を被って
可愛い三の沢の「文殊堂」

9-2-1-2.jpg

☆林の中で
イナバウワー

9-2-1-3.jpg

☆去年「ギラガ仙」で見つけた巨大ロールケーキそれには とてもとても敵いません!
小さな ひとくちサイズのロールケーキでございます

9-2-1-4.jpg

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
三月うさぎを追いかけて・・
ハートの女王を探す道

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。