ここは どこ?

イタリアか・・・
いえいえ
日本
徳島県鳴門
お向かいは兵庫県淡路島

しかし
ここは
スクロヴェーニ礼拝堂・・・



スポンサーサイト

再びの大塚美術館

今回の一番の目的は
この春
完全再現された「システィーナ礼拝堂天井図」にあった
美術館の玄関を入り
長い長い まるで天上へと続く様なエスカレーターを上がると
厳かな雰囲気で それはある
正面には「最後の審判」
天井には「天地創造」のストーリー

しばし 時を忘れる時間・・・



美術鑑賞で心に栄養補給

二度目の来館だが
環境空間ごとそのままに
オリジナル作品と同じ大きさに再現!
と言う「環境展示」は
リアルな臨場感で 迫ってくる
「大塚美術館」
古代からバロック・ルネサンス・近代
ダ・ヴィンチからレンブラント・ゴッホ・ルノワール
現代ではピカソやダリ等々

今まで本でしか お目に掛かっていない作品が
本物と同じ大きさで鑑賞できるのは 
何度来ても感動ものだ

7-06-25-1.jpg


7-06-25-2.jpg

前回は最後には 疲れてしまい
近代絵画は ささっと通り過ぎただけ・・
おっとはそれが 心残りだったらしく
今回はじっくり 近代スペースからの鑑賞になった

でも やっぱり私は途中で歩き疲れ
モネの「大睡蓮」のそばで
昼下がりの優雅なコーヒータイム・・・

7-06-25-3.jpg

アサヒVsサントリー

この日の京都は暑かった!
街頭温度計が30度を指し
冬も寒いが
夏の京都も
「なまじのモンや おへん!」

出かける前は
用事を済ませたら
山崎にある「アサヒビール大山崎山荘」に寄り道する予定だった

しかし 暑くて暑くて
美術観賞の気分は すっ飛んで・・・
「アサヒ」より
「サントリー」や~

ビ~ル! ビ~ル! 生ビ~ル!
タダで飲める生ビ~ル

帰り道に長岡京にある「サントリービール」の工場へ

7-06-7-1.jpg


7-06-7-2.jpg

ビールを飲むための 工場見学と言う
不純な動機で出かけたが
しっかり お勉強は致しました!

30分の見学の後は
お待ちかねの試飲タイム
出来たての生ビールが お一人様3杯頂けます
それに アラレ&ピーナッツのおつまみ付き

7-06-7-3.jpg

まず1杯目は 
お勧めの「プレミアムモルツ」を頂く
泡がまるで 生クリームのようになめらかで
クィクィ喉を通って行く

7-06-7-4.jpg

2杯目は「モルツ」
私はこちらの方が お気に入り!
「ぅうめぇ~~」


「こんなに美味しい生ビールが
 飲めないなんて
 ホントに ホントに かわいそう」
何故って 
おっとの胸には
このシールがペタリ!

7-06-7-5.jpg

飲酒運転は禁止です(笑)
プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
三月うさぎを追いかけて・・
ハートの女王を探す道

カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
QRコード
QR